神奈川県厚木市の建築設計事務所株式会社アベ設計|実績多数の建築設計や耐震診断

神奈川県の建築設計・耐震診断・土地活用

メールでのお問い合わせはこちら
  • Home
  • 実績紹介
  • 耐震診断
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 料金について
  • 採用情報
  • お問合せ

耐震診断の必要性

 
なぜ今「耐震診断」や「耐震補強」ということが言われているのでしょうか。
日本のすべての建築物は、耐震基準を満たす形でつくられていて当然なのですが、耐震基準が始めに定められたのは、1923年の関東大震災の翌年です。
 
しかし、それ以降も日本においては多くの地震が発生しており、その度に今まで知見されていなかったような事象が発生し、当時の耐震基準ではすべての事象に対応できていないことが判明していきました。
構造基準の改正の契機となった大地震をいくつか列挙するだけでも下図のようになります。

 関東大震災(1923年)  →   世界初の耐震基準(1924年)
 福井地震(1948年)  建築基準法の制定(1950年)
 新潟地震(1964年)  液状化
 十勝沖地震(1968年)  RC造せん断補強の強化
 大分県中部地震(1975年)  ピロティ階の認識
 宮城県沖地震(1978年)  新耐震基準
 兵庫県南部地震(1995年)  限界耐力計算

このような様々な地震の影響を受け、耐震基準が新しい基準に改定されたのが1981年で、それを今までの耐震基準と区別して、新耐震基準と呼ぶことになりました。
 
つまり、この新耐震基準への改定前に建築された建物は、地震に対する強度が低く、弱点をはらんでいる危険性があるといえます。
そのため、最新の新耐震基準以前 (1981年以前) の既存建物は、この新しい基準で耐震性を再評価する必要があります。
 
厳密には、1981年以降でも2007年6月20日以前の建物についても、増改築する時には、耐震診断が必要となる場合があります。
 
以前の基準を満たしていたからといって、決して安全であるといえないのが、日本の建築物ですので、「耐震診断」、必要であれば「耐震補強」を行っていくということは安全・安心でいるためには必要不可欠なことなのです。

耐震診断をお考えの方へ

耐震診断の必要性

耐震診断の流れ

耐震診断 正しい依頼先の選び方

耐震診断の費用

 


toiawaseabe.jpg
Copyright © 2011 ZONET ABE SEKKEI All Rights Reserved.