神奈川県厚木市の建築設計事務所株式会社アベ設計|実績多数の建築設計や耐震診断

神奈川県の建築設計・耐震診断・土地活用

メールでのお問い合わせはこちら
  • Home
  • 実績紹介
  • 耐震診断
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 料金について
  • 採用情報
  • お問合せ

スタッフ紹介

☆000901100057.png  

代表取締役社長 阿部 洋

誕生日 1951/10/8

出身地 東京都生まれ、愛町・海老名で育ち、結婚後厚木在住


自己紹介コメント

大学卒業時は第1次オイルショック。そこで意を決して大学院へ進学。
井口研究室では修士論文の他、住宅の研究開発・やコンペなどに取り組み、物事の原理原則を理解することがいかに大切かを学びました。

修士課程修了後は当社の前身である有限会社アベ建築設計事務所へ入社。
同年、1級建築士を取得後は、学校や公民館などの官公庁施設、住宅、オフィス、工場、病院、マンション、店舗などいろいろな建築の設計を担当してきました。

座右の銘は一期一会。人生は一生勉強だと思います。
 

趣味

新しいもの好き。パソコンとの出会いはPC-8001時代から40年。趣味が高じてN88BASICで積算ソフトを開発したこともあります。
その後Windows時代、インターネット時代の先端を進んできたつもりでしたが、先日、還暦祝いにプレゼントされた「iPAD2」の素晴らしさには衝撃を受け心から感動しました。

もう一つの趣味はスイミング。健康のために週に1~2度、1km以上をノルマに掲げて泳いでいます。
厚木高校時代は応援団長。ちょっと体育会系も入ってます(笑)
 

仕事に対する想い

アイデアに詰まったり、プランがまとまらずに悩むことがあっても諦めずに考え続けているうちに必ず解決策が閃めいてくる。
これが建築設計という仕事の醍醐味かもしれません。だから36年間も続けていても飽きないのでしょう。
建築設計は二つとして同じものはありません。これからもその一つひとつに全力を傾注して行きます。
 

お客様へのメッセージ

一つひとつの建築にはお客様の夢があります。
その夢を具体的な建築というカタチにするのが建築設計という仕事です。

どうぞ我々スタッフにお客様の思いをぶつけてみて下さい。
そして、お客様と設計スタッフが心を一つにして素晴らしい建築を社会に送り出していく。
それが我々の喜びでもあり、また、社会的な役割だと考えています。
 

☆002201120059.png

専務取締役 庄司 隆 

誕生日 

出身地 

自己紹介コメント



 

 

☆003601140061.png

豊崎 博之  

誕生日 

出身地 

自己紹介コメント



 

 

 

☆004401150062.png

和泉 千晶 

誕生日 1976/1/28

出身地 神奈川県生まれ


自己紹介コメント

入社して早15年、入社当時は右も左も分からない私を会社は温かく迎い入れてくれました。先輩たちの背中を見続け10年、ようやく建築士の資格を取得し、少しずつではありますが仕事を任せて頂けるようになりました。

住宅や店舗、改修工事の設計を主に担当し、お客様とのふれあう機会が増えました。お客様からのご要望を受け、土地の大きさや形状、高低差などの制約があるなかその土地に立ち気候風土を感じて最適なプランをご提案する。とても難しいことですが、やりがいと思い日々精進しております。
 

趣味

趣味は釣り。毎年夏は四国香川県に行きます。旅行というより修行です。
香川へ行ってもため池かうどん屋さんのどちらかの選択肢しかなく、かれこれ10年近く足を運んでいるのに1度も金比羅山に登ったことがありません。
最近は琵琶湖にも行くことが多くなったので日本一大きな湖を制覇するために船舶免許の取得をしたいと思ってます。
 

仕事に対する想い

最近は改修工事の設計に携わることが多く、建築材料や設備、施工に関する様々な知識を学びました。
改修工事は現在進行形の建物をどうすればよりよく出来るかなど現場の声を直接聞くことが出来るのでとても勉強になります。

また専門的な建物を扱うときには建築以外の知識も必要となるので限りなく学ぶことばかりです。
いろいろな知識を見につけ、たくさんの選択肢の中からより良いものをご提案できるようにこころがけて仕事をしております。
 

お客様へのメッセージ

性格は男前と言われますが、設計は女性的にきめ細かい部分にまで意識し、「住み心地がよい」 「使い勝手がよい」そんな言葉が頂けるような仕事をしたいと思っております。
お客様から学ぶことも多く、設計の難しさを感じることもありますが男前の根性でお客様に負けないアイデアをご提供させて頂きます。
 

☆006201170064.png

熊切 教喜 

誕生日 1977/8/27

出身地 神奈川県厚木市


自己紹介コメント

私はもともと「押し花」の研究所に勤務していました。そこは押し花の新しい可能性を拓いていくことを目的とした、おそらく世界でも唯一であろうユニークな会社でした。
そこで体験した、まだ世に存在せず認められてもいない価値を模索し具現化していく精神は、今携わっている建築設計の業務にも通底する精神です。

具現化のための模索は、地味で負荷のかかる作業の積み重ねです。
しかし、その苦痛を乗り越えた先に、色褪せない花との邂逅が待っていることを私は知っています。
 

趣味

10代20代のころは、ダンス音楽のカバーバンドやジャズオーケストラに参加し、クラブジャズやビッグバンドジャズの演奏を楽しんでいました。
横浜の赤レンガや氷川丸で演奏したこともあり、よい思い出になっています。

最近の休日は、新しく出来た話題の建物や、古い洋館を見に、街歩きに出かけることが多いです。
訪れた中で、特にお気に入りの建物は、都内にある運河沿いの倉庫をレストランにリノベーションした建物です。
 

仕事に対する想い

建築はそれ単体で評価されるものではないと思っています。 
単体として精度の高い建築を設計することはもちろん、都市の持続性や少子高齢化、 街作り協働等、建築が建つ都市に関する問題にも対応できる設計者を目指しています。

そのために、まず手始めに設計の精度を上げるため、構造や設備に関する理解を深めるためのスクール通いを画策中です。
 

お客様へのメッセージ

建物は、造ることにより価値を生み出すものです。
住宅であれば豊かな暮らしという価値を、収益物件としてならば賃料や売上げという価値を生みます。

しかし、そうならない可能性も常に伴います。住みにくい住宅や、人の入らない収益物件は、マイナスの価値として残り続けます。
そのようなことが無いよう、細心の注意をはらって設計に取り組んでまいります。
 

☆004901160063.png

庄司 路子 

出身地 人生のほとんどを神奈川県ですごしています


自己紹介コメント

いわゆる家事があまり得意でなく、社会で刺激を受けながら働くことが好きなタイプです。包丁を手にするより、ドライバーやペンチを持ち、機械を組み立てたり直したりする方に興味があります。
ある国際的な奉仕団体に属し世界の様々な問題に取り組んでいます。

家庭や仕事以外の社会を通して、世の中を見たり考えたりできることはとても勉強になります。
 

趣味

何にでも興味を持つタイプで、「趣味はこれだ」というものがありません。
スキーに凝っていた学生時代、ニットの手編みに凝っていた子育て時代などなど・・。

現在は健康のために通い始めたスポーツジムで、汗をかく爽快感と楽しさの虜になっています。
これから趣味にしたい事、「カメラ」。あらゆるものをフレームで切り取ってみたい。
 

仕事に対する想い

「衣・食・住」という人間の基本にもかかわる仕事に責任を感じます。
どんなにITが発達しようとも人と人とが交差することの大切さを忘れないで仕事に向き合っていきたいと思います。

確かな知識と技術、そしてフレッシュな感性を失わないように。
 

お客様へのメッセージ

一つの建物が世の中に生まれるまでには数えきれない人々が関わることになります。
よいチームワークがあってこそ、満足いく結果が生まれます。

お客様と設計事務所、設計事務所と施工会社、お客様と施工会社、それぞれが独立しつつも深いコミュニケーションによって信頼できる関係を築けるよう努力いたします。
 

☆002401130060.png

阿部 真由美 

出身地 東京都生まれ 高校より神奈川県


自己紹介コメント

デザインを大学で学び、インテリアスクールでコーディネートを学び、建築の色彩計画の仕事に携わり約25年が経ちました。様々なカラーサンプル・カラーチャートを手に想像を膨らませながらトータルカラーコーディネートをする仕事が大好きです。


趣味

時間がとれたときには油絵を描いています。絵画鑑賞も好きで、モネやルノアールの絵画のように、美しい色調で心安らぐ絵が大好きです。
 

仕事に対する想い

コーディネートの仕事は、その建物の用途、デザイン、クライアントの要望、周辺環境など、さまざまな条件に合わせて、小さなカラーサンプルでトータルに決めていく作業です。

さまざまな建物を見たり、インテリア空間に身をおくなど、実際に街に出て感性度を高めるように心がけています。
 

お客様へのメッセージ

色彩は心理的に大変大きな影響力があります。コンセプトに沿ってトータルコーディネートされた建物や空間が、利用する方にとって良い影響力となるように心がけています。お客さまの想いが反映できるよう今後もコミュニケーションを大切にしていきたいとおもいます。



toiawaseabe.jpg
Copyright © 2011 ZONET ABE SEKKEI All Rights Reserved.